Amazonギフト券の買取を利用する!知っておきたい利用の流れと注意点

Amazonギフト券は、大手通販サイトのAmazonで利用できるギフトカードです。
購入金額に応じた分だけ、買い物ができる金券ですが、実は一般的な金券ショップでは買取を行ってくれません。
そこで今回、ネットを利用したAmazonギフト券の買取方法を紹介し、利用するうえで知っておきたい注意点についても触れながらまとめていきます。
この記事を読めばきっと、Amazonギフト券買取の流れを知って、スムーズな利用ができるようになるでしょう。

ネットを利用したAmazonギフト券買取の仕組み

Amazonギフト券は、一般の金券ショップで買い取ってもらうことは、ほとんどできないといえます。
ビール券や図書券、あるいはデパートの商品券といった従来の商品券と異なり、ネットで登録して初めて利用できるタイプだからです。
この特徴によって店舗型の金券ショップでは、Amazonギフト券が本物かどうか、使用済みかどうか判断できないため、買取ができません。
一方、Amazonギフト券買取をネットで行ってくれるサービスがあります。
ここでは、こちらがAmazonギフト券のコードを送信することで、本物かどうか判断して、買取を行ってくれます。
店舗では買取が難しいAmazonギフト券もネットの買取サイトを利用することでAmazonギフト券の買取が受けられるのです。
次の項目では、基本的なAmazonギフト券買取サイトの利用の流れについて解説していきましょう。

Amazonギフト券買取の基本的な流れ

Amazonギフト券買取の基本的な流れは次のステップで行われます。

  1. 買取サイトにアクセス
  2. 申し込みを行う
  3. 電話で連絡が来る
  4. 身分証明書の画像を提出
  5. Amazonギフト券のコードを送信
  6. 買取金額が指定した口座に振り込まれる

まず、Amazonギフト券の買取サイトへアクセスします。
インターネットでAmazonギフト券買取と検索すると非常に多くのサイトが出てきますが、そこから自分に合ったサイトを選びましょう。
選び方のポイントについては、人気や口コミでチェックするのがおすすめです。
買取サイトにアクセスすれば、あとはスムーズに取引ができるようになるでしょう。

買取サイトにアクセスすると、比較的目立つ部分に「申し込み」といった表記などで買取の申し込みを行うボタンやアイコンを目にします。
このボタンやアイコンをクリックまたはタップすることで、Amazonギフト券買取の手続きを始められます。
ここから先は、買取サイトによって異なりますが、こちらの用意したAmazonギフト券の金額や住所、氏名、スマートフォンの電話番号、メールアドレスなどを入力していく流れです。
ここで、買取金を振り込んでもらう金融機関(銀行や信用金庫など)の口座を入力することもあります。
Amazonギフト券買取を頼むだけなのになぜ個人情報まで入力しなければいけないのかというと、金券の買取を行うからです。
リサイクルショップや店舗型の金券ショップへ行って、買取を依頼すると住所や電話番号を聞かれるのと同じだと思いましょう。
入力が完了したら、次へ進みます。

このタイミングで、Amazonギフト券買取サイトの運営から、入力した電話番号に電話がかかてくることがあります。
これは、本人かどうか確認する目的であったり、ガイドする目的で電話がかかって来ます。
電話が来ないで、代わりにメールで案内が来るサイトもあるため、この点は買取サイトによって異なると知っておきましょう。

連絡が来たら、指定されたフォームやメールアドレスに運転免許証などの身分証の画像を提出します。
これもリサイクルショップや金券ショップを利用した方であれば、よく行われる方法といえるでしょう。
実際Amazonギフト券買取サイトでは、古物商許可を警察から受けているサイトが少なくありません。
この許可を受けた場合、買取した人物の住所や身分証のコピーを保管する義務があります。
Amazonギフト券買取サイトでは、その義務に基づいて身分証の画像をコピーとして保管しているのです。

ここまで手続きができたら、Amazonギフト券のコードを運営に送信します。
入力ミスがあると買取に失敗してしまうので、コードを確認したリ、コピーペーストして入力しましょう。
ちなみにAmazonのアカウントへチャージしてしまったAmazonギフト券は買取対象にならないので注意が必要です。

コード送信後、しばらくすると運営で本物のAmazonギフト券かチェックを行い、確認が完了し次第、Amazonギフト券の買取金が指定した金融機関の口座へ振り込まれてAmazonギフト券買取が完了します。

このような流れですが、実際に利用するとあっという間に完了するので、思ったより気軽に利用できるのが特徴です。

Amazonギフト券買取を利用するうえで知っておきたい注意点5選

Amazonギフト券買取は、スピーディに完了するので、メリットも多いサービスです。
しかし、利用方法で注意すべき点が次の4点あります。

  • 額面そのままの買取金額にはならない
  • 買取率が変動する
  • 忙しい時期は振り込みが遅れる
  • 土日祝日や夜間早朝はモアタイム対応の口座がポイント

実際の金券ショップで商品券を買取してもらった経験がある方ならわかると思いますが、額面そのままの金額で買い取ってもらえることはありません。
例えば、1万円のAmazonギフト券を買い取ってもらって1万円振り込んでもらえるということはないのです。
額面からどの程度目減りするのかは、利用する前にAmazonギフト券買取サイトのサポートなどに連絡して聞いてみましょう。

買取率は、時期によって変動します。
ある時期ではとても高い買取率だったのに、今回利用したら当時とは違う買取率だったということがあります。
これは、Amazonギフト券の買い取り数が多くなっていると買取率が下がるといった関係があるためです。
前回と同じ買取率と異なることも珍しくないため、今の買取率はどのくらいか確認してから利用するのもポイントです。

忙しい時期は、振り込みが遅れることもあります。
Amazonギフト券買取サイトは、スタッフがそこまで多くないところも珍しくありません。
そんな中、全国から多くのAmazonギフト券買取依頼が殺到したら、その処理に時間がかかります。
例えば、月末や月始といったタイミングは、Amazonギフト券買取を利用する方が多く、Amazonギフト券買取サイト側も処理が手一杯になることも少なくありません。
そういったタイミングで依頼すると、どうしても朝手続きしたのに夕方振り込まれたといった事態やそれ以上遅くなることもあるので、あらかじめ注意しておきましょう。

モアタイムに対応していない口座を使うと、振り込みが大幅に遅れることがあります。
モアタイムとは、土日祝日や早朝夜間の振り込みもリアルタイムで対応してくれるシステムです。
このシステムに対応していない金融機関の場合、例えば土曜日に利用したら振り込みが月曜日あるいは、月曜日が祝日だった場合は火曜日になってしまいます。
そうなると、急いでいるタイミングでいつまでたっても振り込まれないといった事態になるので、利用しようと考えている口座がモアタイムに対応しているか確認しておきましょう。

よりお得にAmazonギフト券買取をしてもらうには?

よりお得にAmazonギフト券買取をしてもらうポイントは、閑散期を狙う、金額を多めにして利用する2点です。

閑散期とは、Amazonギフト券買取サイトの利用者が少ない月の中旬ごろでこの時期はAmazonギフト券買取サイトも暇なことが少なくありません。
また、買取量も減るのでスピーディに買取を実施してくれるだけでなく、買取率もアップしてお得にAmazonギフト券買取を受けられる場合があります。
いずれにしても、メリットの多い時期といえるでしょう。

利用する金額を増やすのもポイントです。
Amazonギフト券買取は同じ買取率で買取を行うわけではありません。
実は利用する金額が高額になるほど、比例してAmazonギフト券買取率も高くなる傾向があります。
もし手元にAmazonギフト券がある場合は、一部ではなく全て買取を依頼するつもりで利用した方が、買取率もアップする可能性が高くなるでしょう。

これらの2点に注目して利用するのがおすすめです。

まとめ

Amazonギフト券買取は、ネットで行うのが基本です。
今回は基本的な流れを紹介し、お得な方法や注意点にも触れました。
ただ、買取率はお得な時期や多めの金額を利用することでどんどん上がるので、気になる方はそういった工夫をするのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました